無料ブログはココログ

« 「バージン・ブルース」「裸の天使」 | トップページ | アイドルに夢中 »

2011年6月14日 (火)

絵画は絵画であって、その以上でもそれ以下でもない

Photo_2 小絲源太郎「雪後」

    あなたはどんな絵が好きですか?写真のように緻密な写実的な絵。それともインテリアに飾るマチスのような明るい絵?一般に美術愛好家といわれる人口は多いが、各人の好尚は千差万別である。横山大観の剛、竹内栖鳳の柔、アンディ・ウォホールのようなポップなもの、つまり人によりけり、美術館に飾っている絵なら、一定の評価が定まっているとして、鑑賞するだけである。もしもゴッホやピカソが世に認められていなかったならば、その絵がゴミ捨て場にあっても誰も拾う人はいないだろう。それがいまでは時価1点数億円で売買されているという。芸術が投機対象となったとき、作品は「つまらないもの」になってしまう。

« 「バージン・ブルース」「裸の天使」 | トップページ | アイドルに夢中 »

今日の名画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「バージン・ブルース」「裸の天使」 | トップページ | アイドルに夢中 »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31