無料ブログはココログ

« 昆虫学者カットビンケン | トップページ | 帝銀事件死刑囚 »

2011年6月 8日 (水)

古代人の地理観

Johptolemymap トレミーの世界地図

    古代の人びとは、自分たちの考える世界像を世界地図として表現した。紀元前十数世紀のころ、バビロニアで作られた地図では、地球は円盤状で、天空がこれをおおい、自分たちはその中心に住んでいると考えていた。ギリシア時代にも同じような考えがあり、陸地はオケアノスとよばれる大洋に囲まれ、ギリシア神話の神アトラスがこの天空を支えていると考えていた。しかし、当時の世界はバビロニアの地図と違い、地中海をめぐる国々に拡大されていた。アレキサンドリアのエラトステネスは地球の大きさを推定した。さらにローマ時代にはいると、トレミーはアリストテレスの地球球体説に基づき、経緯線を描いて、世界最初の科学的地図を作成した。その範囲は、地中海沿岸から、イギリス・ドイツ、東はインドまで含まれていた。

« 昆虫学者カットビンケン | トップページ | 帝銀事件死刑囚 »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昆虫学者カットビンケン | トップページ | 帝銀事件死刑囚 »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31