無料ブログはココログ

« 室生犀星と金沢 | トップページ | ペルー大統領 »

2011年6月 5日 (日)

キャロル・ランディス

Carole_landis_1940s

    マリリン・モンローが亡くなって来年で半世紀を迎えるが、ハリウッドにはモンローと同じような人生の軌跡をたどった女優は多い。1940年代の女優キャロル・ランディス(1919-1948)は戦時下であったため日本では全く無名であるが、アメリカでは兵隊たちに人気が高かった。モンローより7つ年上である。ウィスコンシン州フェアチャイルドに生れる。12歳で美人コンテストに参加、15歳の時に作家と駆け落ちする早熟ぶりだったが、たった3週間で別れ、その後も4度の結婚・離婚を繰り返した。地元で店員、ウェイトレス、劇場の案内係をつとめたのち、サンフランシスコに出て、16歳でナイト・クラブの歌手兼フラ・ダンサーとしてデビュー。1937年には「マルクス一番乗り」のエキストラとして映画界入り。1940年に20世紀フォックスと契約、脚線美と明るい性格、ユーモアのセンスが認められて急速に売り出した。「スウェーター・ガール」と呼ばれ、「ピンナップ・ガール」としても知られ、戦時に米軍慰問隊に参加した経験を書いた「Four Jills in a jeep」は1944年に映画化され、自ら主演した。1948年、睡眠薬を飲みすぎで死亡、レックス・ハリスンとの失恋が原因の自殺といわれる。あまりにもモンローに似すぎた人生だった(否、モンローがキャロル・ランディスに似すぎたのだろう)。

« 室生犀星と金沢 | トップページ | ペルー大統領 »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 室生犀星と金沢 | トップページ | ペルー大統領 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31