無料ブログはココログ

« 前川峯雄の生活体育論 | トップページ | 近江古寺巡礼 »

2011年6月15日 (水)

巨人は重病だ

   巨人ロッテ戦。9回昨日に続いてアルバラデホの登場で嫌なムード。いきなり里崎に痛打を浴びて、バント処理をミスして一三塁のピンチ。本塁アウトで逃げ切れるかと思ったが、伊志嶺に逆転ホームランを打たれ、3-2ゲームセット。「あるいは昨年までのボールなら本塁打だったかも」というアナウンサーの言葉を3度は耳にする。だが巨人の貧打はボールのせいだけではない。原采配とプレーする選手とが回っていない。ベストメンバーを揃えたがさらに悪くなった。阿部の緩慢なプレーで三塁まで走らせたこと。アルバラデホ、ロミロのストッパーの起用法が不統一。走塁ミス。守備の乱れ。バントができない。ラミレスを守備固めで交代するので終盤打線が弱くなる。原監督の采配ミスで落とした試合が多い。

« 前川峯雄の生活体育論 | トップページ | 近江古寺巡礼 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前川峯雄の生活体育論 | トップページ | 近江古寺巡礼 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31