無料ブログはココログ

« 猛暑と地震 | トップページ | メイン州プルーツ・ネック »

2011年6月30日 (木)

世界で一番日付が早く変わる国

Hizuke   南太平洋の中心に位置するキリバスは日付変更線の東側、つまり世界で最も早く日付が変わる国。反対にサモア諸島は、日付変更線の西側(西経171度)、つまり世界でも日付が変わるのが遅い国の一つであった。ロンドンのグリニッジが世界標準時で、ロンドンが正午のとき、地球の反対側の180度付近が真夜中である。日付変更線の西側と東側では1日差がでてくる。サモアでは東側の標準時間を採用しているが、主要貿易国のオーストラリア、ニュージーランド、中国などでは西側のため時間差が不便であった。そこで今年の12月29日の深夜をもって西側の標準時間へ変更し、12月31日とすると議会で決定した。これでサモアも世界で明日が早く来る国となった。しかしサモアの歴史には2011年12月30日は存在しない「空白の1日」となってしまう。むかし学校では「西サモア」と習った。もともとドイツが西を、アメリカが東を領有していた。1962年、西サモアが独立、1997年にサモアと変更。(Kiribati)

« 猛暑と地震 | トップページ | メイン州プルーツ・ネック »

「地理」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猛暑と地震 | トップページ | メイン州プルーツ・ネック »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31