無料ブログはココログ

« 赤穂義人纂書 | トップページ | 江川の手抜き投法 »

2011年5月25日 (水)

松平定信と谷文晁

  応挙、探幽のような殿上出仕の絵師でない谷文晁(1763-1840)が、法眼にまで上りつめたのは白河楽翁公、松平定信(1758-1829)の庇護によるところのものであろう。定信の古美術や絵画への関心は並々ならぬものがあった。そのため各地にある絵巻を絵師に命じて模写させて収集していた。京都の石山寺に伝わる「石山縁起絵巻」の巻6と7は詞書のみで絵画が欠損していた。石山寺の尊賢僧正は絵巻の補作を頼んだ。定信はこの要望に応え、補作を谷文晁に命じた。谷文晁が絵画を完成したのは文化元年からおよそ2年をかけてのことである。

« 赤穂義人纂書 | トップページ | 江川の手抜き投法 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤穂義人纂書 | トップページ | 江川の手抜き投法 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30