無料ブログはココログ

« 西洋教育家20人(17世紀まで) | トップページ | 秋月種実と古処山城 »

2011年5月27日 (金)

世界市民主義

Photo

  世界史事典を引くと「汎」とつく用語は多い。「汎アメリカ主義」「汎アラブ主義」「汎イスラム主義」「汎ゲルマン主義」「汎スラブ主義」。「汎」とは英語のpanのことで、「全体にわたる」という意味。なぜか「汎日本主義」というのは無い。日本人は左右を重要視するらしい。開国・攘夷、佐幕・討幕、脱亜・興亜、全面講和・単独講和、右翼・左翼。本ブログに「サヨクは死ね」という書き込みがあった。私は左翼でもサヨクでもない。普遍的な考え方をめざしている。「汎日本主義」あるいは「世界市民主義」とでも唱えようか。たとえば世界の古代文明の発祥地は四大文明。だが本当は4ヵ所にしぼるのは無理があることがわかった。日本人にはアジアの古代文明が東端の島国の日本に伝わったということで四大文明は理解しやすい。ただしこれは日本中心の世界観だろう。つまり日本で売られている世界地図は必ず日本が中央に位置している。ところが海外旅行に行って世界地図を買うと、日本という小さな島は端にあるのに気づくだろう。日本人の誇りや優秀性を本にすればよく売れるが、おそらくそれは日本国内だけに通用する偏狭したナショナリズムを再生するだけのものだろう。

« 西洋教育家20人(17世紀まで) | トップページ | 秋月種実と古処山城 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かつての日本の帝国主義もある意味では汎日本主義とみなすこともできるのでは?

「人類みな兄弟」も笹川のCMではなく、本来はアンリ・デュナンの思想。大東亜共栄圏や五族協和もとんでもないものになった。理念と現実とは別ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西洋教育家20人(17世紀まで) | トップページ | 秋月種実と古処山城 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30