無料ブログはココログ

« 世界市民主義 | トップページ | 先生の「立小便」今昔物語 »

2011年5月27日 (金)

秋月種実と古処山城

Photo_2 古処山城(秋月城)

    大宰府官人大蔵種成の子種雄が鎌倉初期、将軍頼家から秋月の地を拝領した。室町時代は周防大内氏にしたがい、豊後大友氏と争う。1541年種方は大内義隆より幕府番衆に推挙される。1557年、大友義鎮と争って敗死。秋月種実(1545-1596)は島津と結び、1587年、豊臣秀吉の九州攻めに対抗する。秀吉は3月28日、小倉城に入り、肥後へ南下した。4月1日、種実の岩石城を1日で落城させた。種実は大隈城を破却して、本拠の古処山城に移り、籠城しようとした。ところが秀吉は2日後、大隈城の城壁を播磨奉書紙でもって修復したようにみせかけた。3日朝、種実はこれを見て仰天し、名物茶器「楢柴」を献上し秀吉に降伏した。わずか3日にして敗れたことは九州の領主に秀吉軍強しの印象を与えた。

« 世界市民主義 | トップページ | 先生の「立小便」今昔物語 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界市民主義 | トップページ | 先生の「立小便」今昔物語 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31