無料ブログはココログ

« すべては脇谷の落球から始まった | トップページ | 軍人道徳、武士道そして復古主義 »

2011年5月26日 (木)

投企

Photo_4

    人は言う。死は確実にやってくるが、しかし当分はまだやってこないと。しかし人は必ず死ぬ。だが、それはまだ先のことだ。私にはまだ先のことだ。「いつか」は来る。もちろん人がいつ死ぬかというこは誰にもわからない。人は否応なしにこの世を生きなければならない。ハイデッガーは「被投性」と名づけた。そして、被投性は、気分(とりわけ不安)を通して自覚している。たとえば「やがて死ぬ自分にどんな意味があるか?」といった不安を抱えた問いが生ずる。いったん、被投性を自覚すると、人は、いつか自分が死によって、この世界が強制的に退去させられる事に気がつく。自分の死を鋭く意識することをハイデッガーは死への「先駆的覚悟性」と呼んだ。この死の自覚からさらに自分の生の意味をもう一度捉えなおすことを「投企」という。広辞苑にも収録されているが難解な説明である。「自己の存在の可能性を未来に向かって投げ企てること。現存在がつねにすでに自己の可能性に開かれている構造において、能動的な側面(了解)をいう。」とある。

« すべては脇谷の落球から始まった | トップページ | 軍人道徳、武士道そして復古主義 »

「哲学・思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すべては脇谷の落球から始まった | トップページ | 軍人道徳、武士道そして復古主義 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30