無料ブログはココログ

« 心理学者列伝(19世紀) | トップページ | 鴨なんばと関東煮 »

2011年5月30日 (月)

経験的心理学

Brf_brentano_klein Franz Brentano

    ブレンターノ(1838-1917)の思想は「作用心理学」といわれる。心理学の対象は精神作用であるとするもので、内容心理学に対する。彼の思想はフッサールの現象学やマイノングの対象論など多大な影響を与えた。主著「アリストテレスの心理学」(1867)「経験的立場からの心理学」(1874)ブレンターノはドイツのコブレンツ近くのマリエンブルクに生まれて、1856年からミュンヘン、ベルリン、ヴュルツブルク、ミュンスターなどの大学に学び、1864年にローマ、そしてウィーン、フィレンツェに住む。1915年チューリヒに移り、そこで没した。

参考文献

フランツ・ブレンターノに於ける形而上的認識 西尾なお 東京女子大論集10 1959

フランツ・ブレンターノの表象理論 水地宗明 彦根論叢210 1981

フランツ・ブレンターノの時間論 水地宗明 彦根論叢215,217,224,241 1982-86

フランツ・ブレンターノのファンタジー概念 原幸子 美学53(3) 2002

フランツ・ブレンターノにおける超越論的現象学の萌芽 依田義右、次田憲和 芸術(27)4-18  2004

« 心理学者列伝(19世紀) | トップページ | 鴨なんばと関東煮 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心理学者列伝(19世紀) | トップページ | 鴨なんばと関東煮 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31