無料ブログはココログ

« 宇宙人との交信は可能か? | トップページ | 聴診器とラエネク »

2011年5月29日 (日)

近代衛生学の父フランクとペッテンコーファー

Johann_peter_frank ヨハン・ピーター・フランクMax_von_pettenkofer ペッテンコーファー

    19世紀には公衆衛生と医学を正しく社会に適用することが多くの学者によって唱えられた。なかでも知られるのがヨハン・ピーター・フランク(1745-1821)とマックス・フォン・ペッテンコーファー(1818-1901)である。フランクは「完全なる医学的警察制度」(1800年ごろ)を発表し、ペッテンコーファーは下水道整備に多大な功績をおさめた。ドイツに留学した森鴎外の専門は衛生学で、孫の名前である「真樟」(まくす)はペッテンコーファーの名前に因んでいる。

« 宇宙人との交信は可能か? | トップページ | 聴診器とラエネク »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇宙人との交信は可能か? | トップページ | 聴診器とラエネク »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31