無料ブログはココログ

« 明治期大阪と五代友厚 | トップページ | 下司次郎ゆかりの来迎寺 »

2011年5月17日 (火)

すもう女子大学?

Photo_5

  神奈川県の「相模(さがみ)ナンバー」の車を「相撲(すもう)ナンバー」とからかう人がいた。神奈川県には相模女子大学もある。「相模」と「相撲」は紛らわしい字である。滋賀県では「県道126号 相模水口線」の標識の表示が誤って「相撲水口線」と書かれていたと新聞報道があった。「模」と「撲」では大違いだが、「模」と「摸」との間にはさほど違いはない。サガミに相模・相摸を宛てるのは、音を借りただけで、漢字に意味があるわけではない。日本書紀では「相模」で、続日本紀は「相摸」である。国史大系では「相摸」となっている。しかし、活字本では当てにならない。諸橋「大漢和」では「摸・模相通」とあるから、意味からいえば、どちらでなければならない、ということはないということである。

« 明治期大阪と五代友厚 | トップページ | 下司次郎ゆかりの来迎寺 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治期大阪と五代友厚 | トップページ | 下司次郎ゆかりの来迎寺 »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31