無料ブログはココログ

« 出羽重遠と日露戦争連合艦隊第3戦隊 | トップページ | 西洋教育家20人(17世紀まで) »

2011年5月27日 (金)

ドイツ法学者列伝

Georg_jellinek_2 ゲオルグ・イェリネック(1851-1911)

  毎日の暮らしに少しでも緑に親しみたいと思う。大きな葉の観葉植物が人気だ。そこで関口宏の東京フレンドパーク式に「主婦の友社たのしい観葉植物に出ているグリーンの名を10述べよ」という式で羅列すると、アイビー、アロエ、カラジウム、クテナンテ、コルディリネ、サンセベリア、シェフレラ、スパティフィラム、ディジゴテカ、ドラセナなど舌をかみそうな名前が続く。この仲間集め方式で学者をジャンル別に羅列してみよう。第1回は法学セミナー1974年6月号付録にあるドイツ法学者「人と作品」列伝。

ヘーゲル「法哲学綱要」、サヴィニー「現代ローマ法体系」、ヴィントンシャイト「パンデクテン教科書」、イェーリング「ローマ法の精神」、ラーバント「ドイツ帝国憲法論」、ギールケ「ドイツ団体法」、マイヤー「行政法教科書」、イェリネック「一般国家学」、リスト「ドイツ国刑法」、エールリッヒ「法社会学の基礎づけ」、ウェーバー「法社会学」、ラーベル「商品売買法」、ジンツハイマー「労働法原理」、ラートブルフ「法哲学」、ケルゼン「純粋法学」、シュミット「憲法理論」の16人。

« 出羽重遠と日露戦争連合艦隊第3戦隊 | トップページ | 西洋教育家20人(17世紀まで) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出羽重遠と日露戦争連合艦隊第3戦隊 | トップページ | 西洋教育家20人(17世紀まで) »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31