無料ブログはココログ

« 江川の手抜き投法 | トップページ | いつまで続く貧打巨人 »

2011年5月25日 (水)

ルツ、落ち穂拾いに行く

Photo_3

    エリメレクは、妻であるナオミと2人の息子を伴ってモアブの地に移り住んだ。だがエリメレクと2人の息子たちはそれぞれの妻オルパとルツを残したまま死んでしまう。未亡人となったルツは、寂しい老後を送ろうとしているナオミのもとを離れようとはしなかった。2人は4月にモアブからベツレヘムに着いた。寡婦たちが生計を立てる道はそう多くはなく、ルツとナオミは貧しさの中にあった。ルツが落ち穂を拾っていた畑は、エリメレクの一族に属するボアズの所有であった。ルツはボアズの妻となり、ルツの子孫にダビデ王が生まれ、ダビデの血統からメシアご自身が誕生する。

« 江川の手抜き投法 | トップページ | いつまで続く貧打巨人 »

「キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江川の手抜き投法 | トップページ | いつまで続く貧打巨人 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30