無料ブログはココログ

« 聴診器とラエネク | トップページ | 医学に貢献した人々(19世紀後半) »

2011年5月29日 (日)

医学に貢献した人々(19世紀前半)

Photo_4

1796年ジェンナー Edward Jenner(1749-1823) 牛痘種痘法を発明

1807年ポッチーニ Plilipp Bossini エンドスコープを創設(人体内腔検査、つまり内視鏡)

1817年ゼルチュルナー  Adolf Serturner(1783-1841) アヘンよりモルヒネを純粋に抽出することに成功

1821年マジャンディ Francois Magengie(1783-1857) 生理学専門雑誌刊行

1823年プルキニエ  Jan Evangelista Fritsch(1787-1869) 指紋法

1824年プラウト Willliam Prout(1789-1884) 胃液の生化学的研究

1825年ブラック James Black (1788-1867) 血液の毛細管内循環に冠する研究

1826年ブルトノー Pierre Bretonneau(1778-1862) 延髄における呼吸中枢の発見

1827年ブライト Richard Brght(1789-1858) ブライト氏病(腎臓病)

1832年ホール  Marshaii Hall(1790-1857) 脊髄における反射中枢の発見

1832年ロビケ  Pierre Jean Robiquet(1781-1826) アヘンよりコデインを分離

1835年シュヴァン Theodor Schwann(1810-1882) 細胞説

1839年シェンライン Johann Lucas Schonlein(1793-1864) 黄癖病の病原菌発見

1840年バセドウ (1799-1854) バセドウ氏病の発見

1841年ジャクソン Charles Tomas Jackson (1805-1880) エーテルの麻酔法

1842年ドンネ Alfed Donne (1801-1878) 血小板の発見

1843年クロイケ Hermann Kleuche (1813-1887) 結核病毒の伝染性を発見

1845年へブラ Ferdinand Hebra (1816-1880) 疥癬虫の発見

1845年フィルヒョー Rudolf Virchow (1818-1902) 白血症の研究

1846年ウォーレン John Collins Warren (1778-1840) 外科手術にエーテル麻酔を使用

Hgwrrjhcideefhcnryfybc Karl Adolph von Basedow

« 聴診器とラエネク | トップページ | 医学に貢献した人々(19世紀後半) »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聴診器とラエネク | トップページ | 医学に貢献した人々(19世紀後半) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30