無料ブログはココログ

« 永倉新八 | トップページ | ミュリエル・スパークとエディンバラ »

2011年4月11日 (月)

アポロンとヒュアキントス

Img_0033_2 ミュロンの円盤投げ

   ミュロンの「円盤投げ」はギリシア神話の少年ヒュアキントスを表しているといわれる。ギリシア神話にこんな話がある。

    アポロンはヒュアキントスという少年を可愛いがっていた。ある日、2人は円盤投げをして遊んだ。だがアポロンの投げた円盤が地面から跳ね上がって、少年の額にぶっかった。彼は気絶して倒れ、絶命した。「ヒュアキントス、お前は死んでいくのか。まだ若いお前を死なせたのも、みんな俺のせいだ。私の竪琴はお前を名高くするだろう。そしてお前は花となるだろう」

   そして少年はユリに似た美しい花になった。この花はヒュアキントス(ヒアシンス)と名を改めて、春ごとにその運命をよみがえらせている。考証家によると、この花は、私たちが知っているヒアシンスではなくて、多分アイリス、あるいはパンジー(三色すみれ)だろうといわれている。だがヒアシンスの花言葉は「スポーツ」「遊戯」である。

« 永倉新八 | トップページ | ミュリエル・スパークとエディンバラ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 永倉新八 | トップページ | ミュリエル・スパークとエディンバラ »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30