無料ブログはココログ

« 夜警国家、福祉国家、機能国家 | トップページ | 専門の多様性 »

2011年4月27日 (水)

沖永良部島自然観察

Photo_3

    沖永良部島は鹿児島から南552km、北緯27度線の上に浮ぶ隆起珊瑚礁の島。大山の中腹には東洋一といわれる昇龍洞がある。島の北海岸には「フーチャ(潮吹き洞窟)」がある。島北部の国頭小学校には、根周り8mのガジュマルの木がよく知られている。島はダイビングのメッカで、海底には珊瑚が群生し、ギンガメアジやロウニンアジのほか、マンタやハンマーヘッド、アオウミガメなども見ることができる。ハイビスカス、ブーゲンビリア、カザニアは年中咲く。今頃はエラブユリ、アマリリス、グラジオラスの季節である。これから5月、6月はデイゴ、はまゆう、サネン花。
Photo_4 サネン花

« 夜警国家、福祉国家、機能国家 | トップページ | 専門の多様性 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜警国家、福祉国家、機能国家 | トップページ | 専門の多様性 »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31