無料ブログはココログ

« 沖永良部島自然観察 | トップページ | 美と真理 »

2011年4月27日 (水)

専門の多様性

    むかしは「この人、この著書」という定番のような本があった。野尻抱影「星座のはなし」、末広恭雄「魚の履歴書」、犬養孝「万葉の旅」、藤堂明保「漢字の起源」、井上靖「西域物語」、中谷宇吉郎「雪」、田中美知太郎「ソクラテス」、渡辺照宏「仏教」、小泉信三「読書」、笠置山勝一「相撲」などなど。

   いつのころからか、専門外の本のほうがよく売れるという現象が起きている。出版社は意外性を狙っているのか。フランス文学者の平野威馬雄は円盤や妖怪の専門家になった。山口昌男も人類学よりも「道化的世界」「文化と両義性」という文化論のほうが読まれているみたいだ。池内紀も多様な分野の本を出すようになった。

« 沖永良部島自然観察 | トップページ | 美と真理 »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖永良部島自然観察 | トップページ | 美と真理 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30