無料ブログはココログ

« 自称天皇・熊沢寛道 | トップページ | 世界史学習第一歩 »

2011年4月15日 (金)

暴君の信憑性

    武田信虎の伝承に妊婦の腹を裂いたというのがある。たぶん古代中国の史書からとったもので信憑性はない。第25代の武烈天皇にも妊婦の腹を裂いて胎児を見たとされる記述もあるが、伝承に食い違いがあり、史実とみる者はあるまい。中国の桀紂と並称される暴君も伝承の域をでるものではない。だがローマ皇帝の放埓、淫欲、驕侈、貪婪、残虐などはすべて史実と思えるから不思議だ。

« 自称天皇・熊沢寛道 | トップページ | 世界史学習第一歩 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自称天皇・熊沢寛道 | トップページ | 世界史学習第一歩 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30