無料ブログはココログ

« ミュリエル・スパークとエディンバラ | トップページ | セリヌンテのヘラ神殿 »

2011年4月11日 (月)

海の精セイレーン

    「♪なじかは知らねど心わびて 昔の伝えはそぞろ身にしむ」有名なハイネの詩にうたわれたローレライの伝説。ライン川の難所を行く船人を美しい歌で惑わし、進路を狂わせて難破させ、川底に沈めていく長い金髪の美少女。もともとはギリシア神話の海の精セイレーン。半人半鳥だったのが、中世になるとなぜか半人半魚になった。

Photo_3 クヌート・エクヴァル「漁師とサイレン」

クヌート・エクヴァル(1843-1912)はスウェーデンの画家で、主にドイツで挿絵画家として活躍した。

« ミュリエル・スパークとエディンバラ | トップページ | セリヌンテのヘラ神殿 »

今日の名画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミュリエル・スパークとエディンバラ | トップページ | セリヌンテのヘラ神殿 »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31