無料ブログはココログ

« 猫の目を通した文明批評 | トップページ | NHK連続テレビ小説と原作者 »

2011年4月 3日 (日)

海におちたピアノ

   海の底では魚たちがゆっくり泳ぎまわっていました。そこへいきなり大きな音がしたかと思うと、まっ黒なピアノが海に落ちてきました。魚たちは珍しがって、集まってきました。そして口ぐちに「なんだろう?」と言いました。お母さんのウナギは、「これは鏡台ですよ」と言いました。そこへ一匹のアジがきて「これはなにか食べ物ですよ」と知ったかぶりをしました。波がピアノをゆさぶと、

♪ボロン、ボロロン

と音楽がひびきます。朝がくるとトビウオが群れて、こわれかけたピアノの箱で遊びます。

♪ボロン、ボロロン

ピアノの音を、陸の桟橋のところまで聞きました。

「ねえ、あれはなんだろう」

「あれは、きっと、人魚が歌っているのよ」

♪ボロン、ボロロン

でもたった一人だけ、悲しそうに海の底を見つめている人がいました。それは、海に落ちたピアノの持ち主だった女の人です。やがて夏がすぎて、秋が来ました。そしてピアノは海の底へ流されていきました。それっきり、桟橋のあたりでは音楽は聞こえなくなりました。(ストリンドベリ童話集)

« 猫の目を通した文明批評 | トップページ | NHK連続テレビ小説と原作者 »

「昔話・民話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫の目を通した文明批評 | トップページ | NHK連続テレビ小説と原作者 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30