無料ブログはココログ

« 戦国武将の次は軍人さん!? | トップページ | 世界女優史 ベセル・レスリー »

2011年3月 6日 (日)

宮刑について

   古代中国には生殖器を切るという宮刑があり、死刑につぐ重刑であった。男性には陰茎・睾丸双方を切除する場合と、睾丸のみ切除する場合があった。実際の執行例は記録で見る限り少ないが、漢の歴史家、司馬遷が李陵を弁護したために、前98年、宮刑に処せられている。日本では「羅切(らせつ)」という。広辞苑には「陰茎を切り除く」とある。寺内大吉の「奇僧悪僧列伝」によれば、法然の弟子、安楽房遵西は後鳥羽上皇の愛妾・松虫と関係を持ったため、上皇の怒りにふれて、羅切の刑に処せられたとある。遵西の女犯事件は「名月記」「愚管抄」にもあるが、陰茎を切断されたことは見えない。「皇帝紀抄」に羅切の記述がある。

« 戦国武将の次は軍人さん!? | トップページ | 世界女優史 ベセル・レスリー »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦国武将の次は軍人さん!? | トップページ | 世界女優史 ベセル・レスリー »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30