無料ブログはココログ

« 建築家とアートがつくりだす一体感 | トップページ | 春色の汽車に乗って »

2011年3月 5日 (土)

フランソワーズ・モンテスパン

Photo_2

    フランソワーズ・モンテスパン(1641-1707)はルイ14世の寵妃。怪しげな占い師を信じ、黒ミサやほれ薬で王の寵愛を独占。富も権力も思いのままだった彼女は王が若い娘に心を移したと知るや、占い師が作る秘薬で抹殺し続けたという。

« 建築家とアートがつくりだす一体感 | トップページ | 春色の汽車に乗って »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 建築家とアートがつくりだす一体感 | トップページ | 春色の汽車に乗って »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31