無料ブログはココログ

« 司教都市アルビ | トップページ | 一億総懺悔の春 »

2011年3月31日 (木)

千葉みはる「ミハルス」

Photo_2

   木製の打楽器カスタネットはスペインで生まれた。語源はスペイン語の「カスターニャ」(栗)。形が栗の実に似ていることからついたものらしい。教育用楽器としてみられる赤色と青色のものは「ミハルス」といって、日本の舞踏家・千葉みはるが創案した。ホルン奏者・千葉馨(1928-2008)はその子。(参考:千葉みはる「ミハルス教本 拍ち方と踊り方」1949年)

« 司教都市アルビ | トップページ | 一億総懺悔の春 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 司教都市アルビ | トップページ | 一億総懺悔の春 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30