無料ブログはココログ

« 土蔵美術館のカラクリ | トップページ | 網野菊と真杉静枝 »

2011年3月 7日 (月)

大石順教尼

Photo_3

    大石順教尼(1888-1968)。本名は大石米子。14歳のとき、大阪堀江で芸妓となるが、18歳のとき堀江遊郭事件が起こった。米子は両手を切られて、高安病院で治療を受け、命はとりとめた。明治45年、挿し絵画家、山口草平(1882-1961)と結婚。一男一女の母となるが、昭和2年に離婚。昭和8年、高野山で得度を受け、口に筆をくわえて絵を描いた。著書「無手の法悦」

Img_0029 高安病院

« 土蔵美術館のカラクリ | トップページ | 網野菊と真杉静枝 »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土蔵美術館のカラクリ | トップページ | 網野菊と真杉静枝 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30