無料ブログはココログ

« 玉石混交 | トップページ | フランソワーズ・モンテスパン »

2011年3月 5日 (土)

建築家とアートがつくりだす一体感

Photo

    美術館の魅力のひとつは斬新な建築アイデアだ。岡山県にある奈義町現代美術館は巨大な作品をあらかじめ依頼し、半永久的に建築と一体化した展示構成。荒川修作は、詩人ギンズと共同制作を行い、小さな部屋と暗い螺旋階段から、円筒形の部屋へと鑑賞者を導く。平成6年に開館したが、無名の町でよくぞここまで思い切ってやったという驚きが沸く。

« 玉石混交 | トップページ | フランソワーズ・モンテスパン »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玉石混交 | トップページ | フランソワーズ・モンテスパン »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31