無料ブログはココログ

« 石原慎太郎「天罰発言」は大暴論 | トップページ | 論語の全否定 »

2011年3月15日 (火)

放射性物質飛散を防止せよ

    福島第1原発で400ミリシーベルトが計測された。従来のマイクロとは単位が違う。枝野もようやくここにきて「人体に影響を及ぼす可能性がある」との認識を示した。東電や現場の作業員の努力にも限界があり、原子力発電所4機同時の事故はもはや隠しようのないものであり、政治的な決断、対策、措置が求められる。本日になってやっと原発事故対策統合本部を設置した。現実的な退避計画が必要である。福島の人は震災で避難所にいたが、また原発事故で退避する人も多くいる。20kmから30kmの人でガソリンがなく、やむなく自宅退避する人も多い。30km以上離れていれば、安全かというえばそうではない。風に乗って飛来すれば関東地方にも及ぶ。茨城県や東京都でも観測値は通常よりも高くなっている。とくに雨が降った場合は、空気中に浮遊している放射性物質が雨と共に落下するの危ない。とくに子供は放射能に弱い。大人に比べ甲状腺がんになる確率が高い。もし格納容器が破壊されたらチェルノブイリの事故のようになる。もはや最悪の事態も想定して、情報開示をしたほうがいい。パニックをおそれたり、株価の暴落を憂慮して、あいまいな会見を開いた結果が対応が後手になってしまったのだ。

 

« 石原慎太郎「天罰発言」は大暴論 | トップページ | 論語の全否定 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石原慎太郎「天罰発言」は大暴論 | トップページ | 論語の全否定 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31