無料ブログはココログ

« バートランド・ラッセルの平和運動 | トップページ | 韓国映画の女性監督たち »

2011年2月 2日 (水)

スターと髭

Photo

  最近の日本では髭をはやしている人をほとんど見たことがない。テレビのお笑い芸人にもあまりいない。むかしチャップリンのチョビ髭や、グーチョ・マルクスのように喜劇役者は珍型のヒゲで個性を出していた。ベン・タービンもオリヴァー・ハーディも髭がトレード・マークだ。もともと映画初期は登場する男はヒゲまたヒゲで、口ひげはもちろん、あご髭、ほほ髭みんな生やしている例も少なくなかった。髭だらけで顔の弁別がつきにくいというクレームもでた。だが夫人には髭男は人気があった。「ヒゲなきキスはバターなきパンの如し」という言葉が西洋婦人の間では囁かれていた。しかし時代の流れとともに、こざっぱりとした貴公子がモテるようになった。ディズニーアニメの「シンデレラ」も王子様には髭がない。最近の日本のイケメン・ブームも髭なしである。しかし口髭がトレード・マークのロナルド・コールマンは死ぬまで髭を落とすことがなかったが、洗練されて粋だった。クラーク・ゲーブル、アドルフ・マンジュウ、フレドリック・マーチ、ウィリアム・パウェル、デヴィッド・ニーブン、オマー・シャリフ、ショーン・コネリー、チャールズ・ブロンソン。男の魅力が漂う。うーム、マンダム!

Photo_2 ベン・タービン

Photo_3 スタン・ローレル(左)オリヴァー・ハーディ(右)

« バートランド・ラッセルの平和運動 | トップページ | 韓国映画の女性監督たち »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バートランド・ラッセルの平和運動 | トップページ | 韓国映画の女性監督たち »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30