無料ブログはココログ

« 政治家は「嘘も方便」 | トップページ | 風は思いのままに吹く »

2011年2月21日 (月)

饅頭がこわい

   数人の若者が話をしている。「お前、何が怖い」「実は、オレは饅頭が怖い。思い出しても気持ちが悪い」聞いた一同、嫌な奴だから、饅頭で脅かしてやろうと、男を部屋に閉じ込めて、饅頭を100個ばかり置いた。そこで壁に穴をあけて中をのぞいてみたところ、男は「あァ、怖い、怖い」と言いながら、ムシャムシャ喰っている。騙されたかと、怒り出して、「まだ怖いものがあるか」と怒鳴りつけると、「まだある、お茶が一杯怖い」と。おなじみの落語「饅頭がこわい」だが、この話は元は北宋末の葉夢得の随筆「避暑録話」にある。原話は、口と腹、ときたま本音を使い分けた政治家の渡世術を皮肉ったものである。現在の日本にも「饅頭がこわい」と言っている政治家が多い。

« 政治家は「嘘も方便」 | トップページ | 風は思いのままに吹く »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政治家は「嘘も方便」 | トップページ | 風は思いのままに吹く »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30