無料ブログはココログ

« 鎌倉仏教は宗教改革か? | トップページ | 熊川良太郎と「青年日本号」 »

2011年2月18日 (金)

彼岸会と春分・秋分

    「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる。「彼岸」とは春分・秋分の中日として、その前後7日間を意味する。この7日間に仏教寺院では彼岸会法要を行い、人ひどは墓参りをする。「彼岸」は「此岸」の対語であり、生きているこの世である此岸から理想界である彼岸に到達することが、「到彼岸」の意味である。とすれば「到彼岸」のための「彼岸会」は、季節の分かれ目である春分・秋分とは無関係である。なぜ本来無関係の2つが結合したのか、不明なところも多い。中国の浄土教が、この日太陽が真西に沈むところから、日没のところに阿弥陀仏国を観想して、喜び慕う心を起こすことを説くようになったことが初めらしく、大阪四天王寺で彼岸会に落日を拝む風習はここからきている。また中国で作られた経典に説かれた立春、春分など四季の8日に、仏事をおこなうと功徳があるという中国思想も加わったものである。

« 鎌倉仏教は宗教改革か? | トップページ | 熊川良太郎と「青年日本号」 »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉仏教は宗教改革か? | トップページ | 熊川良太郎と「青年日本号」 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31