無料ブログはココログ

« 破落戸 | トップページ | 有害無益な○○賞は本当に必要なのか? »

2011年2月 8日 (火)

八百長と国民栄誉賞

   大相撲の不祥事はいろいろな波紋の広がりをみせている。千代白鵬は柔道の山下泰裕の弟子で、山下と仲のよかった千代の富士の部屋に入門することになった。つまり2人の国民栄誉賞と八百長は見えない糸で繋がっている。恵那司は下位力士で知らないが、岐阜県の恵那峡と関係があるだろう。相撲は地元を四股名としているだけに、郷土に不名誉なことである。また先輩力士に「恵那桜」がいたが、無関係でもやはり、影響はあるだろう。むかし「ちゃんこ恵那桜」を開店していた。四股名は武士が職業相撲にかわった際に用いたのが始まりで、武士としての体面上、実名を出すのをはばかって郷土の地名などを取り入れたともされる。

« 破落戸 | トップページ | 有害無益な○○賞は本当に必要なのか? »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 破落戸 | トップページ | 有害無益な○○賞は本当に必要なのか? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31