無料ブログはココログ

« 龍馬脱藩の道 | トップページ | 王安石「梅花」「石榴詩」 »

2011年2月15日 (火)

臆病なウサギ

6c09d1d2_htf_imgcache_13106

   「逃亡者」第68話「臆病な兎たち」キンブルは新聞広告で運転手募集の記事をみる。雇い主はベニーという美しい女性だった。アルバカーキからカリフォルニアまで運転してほしいという仕事だ。実は彼女は別れた夫から娘を連れていくつもりだった。娘のナンシーがウサギから野兎病がうつり高熱をだす。キンブルはペニシリンを盗むため薬局にしのびこむが、警官に見つかる。・・・・逃亡者の追跡劇もさることながら、1960年代の社会問題が盛り込まれている。今回の特別ゲスト、スザンヌ・プレシェットは自立した女性で離婚問題ということもあるが、かつて自分が運転中、自動車事故をおこして両親を死なせたことがあり、そのため精神的にハンドルが握れない。アメリカでは女性ドラバーが多いが、そのような精神的な後遺症も増加していた時代であった。キンブルをバス停まで送りとどけたあと、ベニーは自ら運転して新しい人生に向かっていった。

« 龍馬脱藩の道 | トップページ | 王安石「梅花」「石榴詩」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 龍馬脱藩の道 | トップページ | 王安石「梅花」「石榴詩」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30