無料ブログはココログ

« 坂本龍馬の妻、お龍に関する諸説  | トップページ | 弓削田千吉と若松鉱山 »

2011年2月25日 (金)

古代の塩

    わが国は岩塩、鹹湖とも存在していないため塩の資源に恵まれず、独特の製塩法が案出されてきた。土器により煮つめる「煮潮」(ニシオ)、「白穂」(シラホ)、「締歩」(シマリホ)、「志本」(シホ)、「之保」(シホ)など古文献に見える。語源としては、潮(うしほ)が塩(しほ)になっていく。「塩浜」という字句が文献に見えるのは9世紀末のことである。

« 坂本龍馬の妻、お龍に関する諸説  | トップページ | 弓削田千吉と若松鉱山 »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂本龍馬の妻、お龍に関する諸説  | トップページ | 弓削田千吉と若松鉱山 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31