無料ブログはココログ

« マイクを持った女優さん | トップページ | 珍しいハリウッドの金婚式カップル »

2011年2月 1日 (火)

モンキー・ビジネス訴訟

    ケーリー・グラント(1904-1986)は、20世紀フォックスが彼の出演した映画「モンキー・ビジネス」(1952)のコマ切れシーンを、マリリン・モンローのセミ・ドキュメンタリー「マリリン」(1968)の中に自分の許可なく使用したのは契約違反として訴え、1972年4月に同社を相手どって100万ドルの損害賠償の訴えを出した。1974年8月30日、ロサンジェルス最高裁は、フォックスに対し10ドルの支払いを命じ、2年越しの裁判に愛嬌満点の終止符を打った。記者団に感想を聞かれたグラントは、二ンマリと笑って「われ勝てり!}と答えたとか。

« マイクを持った女優さん | トップページ | 珍しいハリウッドの金婚式カップル »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マイクを持った女優さん | トップページ | 珍しいハリウッドの金婚式カップル »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31