無料ブログはココログ

« 訓読みに困ったら | トップページ | 破落戸 »

2011年2月 8日 (火)

国男、京助、信夫、熊楠

   日本民俗学の創始者である柳田國男(1875-1962)は法制局参事官として内閣文庫を預かっていたとき、アイヌ語関係図書を生理する必要から東大の国語学者の亀田次郎(1876-1944)からアイヌ研究で知られた金田一京助(1882-1971)を紹介してもらった。そして金田一を通じて、國男は折口信夫(1887-1953)と知りあいになり、沖縄旅行をはじめ各地の民間伝承の調査旅行を盛んに行った。南方熊楠(1867-1941)の神社合祀反対意見書は「南方二書」として柳田の手によって出版された。南方は菌類学、生態学の視点から、神社の統廃合は、鎮守の森をなくす、環境破壊であると断じたのである。

« 訓読みに困ったら | トップページ | 破落戸 »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 訓読みに困ったら | トップページ | 破落戸 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30