無料ブログはココログ

« オー・ミステイク!! | トップページ | 早緑の谷間 »

2011年2月20日 (日)

老いたる馬は道を忘れず

    斉の桓公が孤竹という小国を攻めたときのこと。往きは春だったが帰りは冬で、寒さと雪のために道を失い困っていると、宰相の管仲が「老馬の智を用うべし」といった。年老いた馬は本能的な感覚によって、道を探しあてるものだという。そこで駄馬のうちから1頭の老馬を選んで車から解き放った。一同それについて行軍すると、無事道にたどりつくことができた。

« オー・ミステイク!! | トップページ | 早緑の谷間 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オー・ミステイク!! | トップページ | 早緑の谷間 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31