無料ブログはココログ

« 岸恵子の見た新星マリア・シュナイダー | トップページ | 訓読みに困ったら »

2011年2月 7日 (月)

ドイツ的キリスト者とドイツ告白教会

    ドイツは宗教改革の母国である。そこでは宗教改革者マルチン・ルターやジャン・カルヴァンの信仰を受け継ぐプロテスタントが多数派になった。だがナチスドイツ時代(1933-1945)のナチスの追随者たちは「ドイツ的キリスト者」と呼ばれ、プロテスタント教会で支配的となった。こうした動きに対して反ナチ運動を起こした牧師のディートリッヒ・ボンヘッファー(1906-1945)はマルティン・ニーメラーらと牧師緊急同盟を結成した。1934年には「ドイツ告白教会」が結成され、カール・バルトによるバルメル宣言が可決された。1944年7月、ヒトラー暗殺計画は失敗に終わり、翌年、ボンヘッファの関与が発覚し、絞首刑に処せられた。戦後。東西ドイツ分裂の時代、「ドイツ福音主義教会」(EKD)が結成された。

« 岸恵子の見た新星マリア・シュナイダー | トップページ | 訓読みに困ったら »

「キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岸恵子の見た新星マリア・シュナイダー | トップページ | 訓読みに困ったら »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31