無料ブログはココログ

« 顔見世 | トップページ | のりちゃんが登場しない「あしたのジョー」 »

2011年2月13日 (日)

青ヶ島のモーゼ・佐々木次郎太夫

    青ヶ島は八丈島から南方67kmにある伊豆諸島最南端の島である。1780年から1785年にかけて島は大噴火に見舞われ50年間無人島となった。しかし名主の佐々木次郎太夫(1767-1852)は幾たびかの辛酸をなめながらも、苦労の末に島民たちを島へ還住することに成功した。「青ヶ島還住記」(1933)を書いた柳田國男は佐々木を「青ヶ島のモーゼ」と呼んでいる。宮本常一らが編集した「忘れられた土地」(日本残酷物語2)には1950年代半ばの青ヶ島の悲惨な生活が記録されている。

« 顔見世 | トップページ | のりちゃんが登場しない「あしたのジョー」 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 顔見世 | トップページ | のりちゃんが登場しない「あしたのジョー」 »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31