無料ブログはココログ

« スターと髭 | トップページ | あの人が芥川賞作家? »

2011年2月 2日 (水)

韓国映画の女性監督たち

Photo_3 「アメノナカノ青空」 イム・スジョン(左)はちょっと佐藤オリエに似ている

   日本でも荻上直子、河瀬直美、西川美和、井上奈巳、佐藤嗣麻子ら女性映画監督が活躍しているが、韓国映画も女性監督たちが進出している。「アメノナカノ青空」「肩ごしの恋人」のイ・オニ、「我が生涯最悪の男」のソン・ヒョニ、「ワイキキブラザーズ」「3人の友達」「我ら生涯最高の瞬間」「飛べ、ペンギン」「牛とともに旅行する方法」のイム・スンレなど活躍が目覚しい。

   「アメノナカノ青空」は病弱の少女イム・スジョンとカメラマンを目指す大学生キム・レウォンの淡い恋を描く。イム・スジョンは当時23歳だが高校生にしか見えない。ソ・ジソブと共演した「ごめん、愛してる」でブレイク。キム・レウォンはムン・グニョンと共演した「マイ・リトル・ブライド」で日本でもファンは多い。女性監督ならではのピュアな作品となっている。

Photo_4 我ら生涯最高の瞬間

« スターと髭 | トップページ | あの人が芥川賞作家? »

「韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スターと髭 | トップページ | あの人が芥川賞作家? »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30