無料ブログはココログ

« 成人式雑感 | トップページ | トイレを綺麗にするといいことがある »

2011年1月10日 (月)

源為朝の琉球渡来説

    多くの英雄には死後生存説が生まれているが、源為朝(1139-1170)の琉球渡来説などは最も歴史家が悩む説である。保元の乱で敗れた為朝が伊豆大島に流されて、大島を逃れて沖縄に渡り、王祖になって、再び大島に戻って自害したというのであるから、まずもって信じがたい話であろう。だが事実であるか否か、謎の部分は多いが検証してみる必要はありそうだ。

    この伝説は羽地朝秀の書いた「中山世鑑」によって広く知られたもので、為朝が沖縄へやって来て、大里按司の妹との間に子ができた。これが1187年に即位した舜天王である。だが舜天の実在性や為朝沖縄渡来説は物証がないので今日、学界では否定されている。

« 成人式雑感 | トップページ | トイレを綺麗にするといいことがある »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 成人式雑感 | トップページ | トイレを綺麗にするといいことがある »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31