無料ブログはココログ

« 芸術は先駆者だけが評価されるのか? | トップページ | ボギーあんたの時代はよかった »

2011年1月14日 (金)

ワシーリー・スリコフ

Photo_6 フョードシヤ・モロゾワ

    ワシーリー・スリコフ(1848-1916)は帝政ロシア末期の画家。歴史画を得意とした。絵は17世紀の教会分裂列時代に迫害を受けた一貴族を主題にした作品。貴婦人モロゾワは、迫害され流刑に処せられるため、町から連れ去られる。町にあふれるおびただしい群衆は、それぞれ複雑に感情で見送っている。

« 芸術は先駆者だけが評価されるのか? | トップページ | ボギーあんたの時代はよかった »

今日の名画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芸術は先駆者だけが評価されるのか? | トップページ | ボギーあんたの時代はよかった »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31