無料ブログはココログ

« 烏帽子岩と校歌と行儀悪い子ども | トップページ | 小出卓二 »

2011年1月 3日 (月)

日本でチョコレートが大衆化したのはゲーリー・クーパーのためか?

Img_0029 昭和14年

    チョコレートは長い間、飲み物として愛されてきたが、現在のような食べ物に変わったのは、英国ビクトリア女王の時代といわれる。1920年代にはカカオ豆の暴落により安価なチョコレートがつくられ、チョコレートブームが起る。昭和4年に原料の輸入関税が撤廃され、安い国産品が製造販売されるようになった。昭和6年、森永製菓は「パラマウント・チョコレート」を発売した。おまけは映画スターのブロマイドだった。長谷川一夫ら日本のスターも多いようだが、当時、パラマウントのスターといえば、ナンシー・キャロル、エスター・ラルストン、フェイ・レイ、フランシス・ディー、シルヴィア・シドニー、キャロル・ロンバード、ジーン・アーサーといろいろいたけど、やっぱりマレーネ・ディートリッヒとゲーリー・クーパーが一番か。女性たちはクーパー様の写真がほしくてチョコレートを買った。日本でチョコレートを普及したのはゲーリー・クーパーの人気にあやかったものだった。

« 烏帽子岩と校歌と行儀悪い子ども | トップページ | 小出卓二 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます!
へえ~、ブロマイド!?そうだったんですか?!
私もクープ大好きだったですから、その時代に生きていたら絶対に買ったと思います~o(*^▽^*)o
本年もどうぞお元気で、更新を楽しみにしております。

ごろ寝さま。よき新春をお迎えのことと思います。日常の暮らしや風俗習慣、ことばや歴史事象など、あらゆることをネタに知識の断片を集めて楽しみとしています。ご支援に感謝、感謝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 烏帽子岩と校歌と行儀悪い子ども | トップページ | 小出卓二 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30