無料ブログはココログ

« 高尾山薬王院飯綱権現堂 | トップページ | 若いころは何故かラジオから悲しい曲が流れていた »

2011年1月20日 (木)

義仲忌

紅梅を近江に見たり義仲忌   森澄雄

    倶利加羅峠の戦いで、木曽義仲が近くの民家から500頭の雄牛を集めさせ、角に松明を結んで火をつけた。狂うようにして暴走した牛の群れが、平家軍の中へ突っ込んでいく。恐怖に度を失った平家は、つぎつぎと深い谷底へと転がり落ちていった。「源平盛衰記」に描かれた義仲の火牛の計は本当だろうか。どうも司馬遷の「史記」田単列伝を引用したらしい。戦国時代の斉の将軍・田単は前279年、火牛の計で燕軍を即墨城外へ撃破した故事が有名である。

« 高尾山薬王院飯綱権現堂 | トップページ | 若いころは何故かラジオから悲しい曲が流れていた »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高尾山薬王院飯綱権現堂 | トップページ | 若いころは何故かラジオから悲しい曲が流れていた »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31