無料ブログはココログ

« あれから16年 | トップページ | GSと異国情緒 »

2011年1月17日 (月)

小さな親切

   伊達直人の名前でプレゼントすることが続いている。不思議な現象ではある。だが今年こんなこともあった。毎年、正月は老人介護施設は寂しい静かな雰囲気だ。大晦日、紅白歌合戦で植村花菜の「トイレの神様」を聞いて、孫たちがおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行こう」と言い出した。どこの施設でも例年とは違って、家族の面会で賑やかなお正月を迎えたらしい。そういえば、昨日電車に乗っていたら、若い人がお年寄りに席を譲っていた。そういった小さなことも恥ずかしがらず、行動できる人が多くなった。すすんで小さな親切をする人が「カッコイイ」と思える社会になればいい。昭和38年頃、茅誠司が「小さな親切運動」を提唱した。お年寄りへの援助、街の清掃・美化、社会奉仕、車いすやランドセルの寄贈。形はいろいろあるけど、それぞれの人ができる範囲で行動することは素晴らしい。

« あれから16年 | トップページ | GSと異国情緒 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あれから16年 | トップページ | GSと異国情緒 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30