無料ブログはココログ

« 水無瀬と惟喬親王 | トップページ | 平成枯れすすき »

2011年1月25日 (火)

幻想の源氏物語の世界

   中国観光旅行から帰ってきた人が八達嶺からの万里の長城をみて、「始皇帝の偉大さに感心した」と言っていた。だが実は八達嶺付近の長城は秦代のものではない。今日のように内外をレンガで被覆するようになったのは、明末である。つまり始皇帝よりも1800年ぐらい後のことである。だがこの観光客を笑えない。われわれは京都観光して御所を見れば、平安時代の源氏物語の王朝絵巻を想像する。実は現在の御所は光厳天皇が1331年に鎌倉幕府の要請により、即位したとき皇居と定めたところである。紫式部の時代からは300年以上も後の話である。御所の位置も現在より約2km西にあったという。

« 水無瀬と惟喬親王 | トップページ | 平成枯れすすき »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水無瀬と惟喬親王 | トップページ | 平成枯れすすき »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30