無料ブログはココログ

« 義仲忌 | トップページ | CMは時代を映し出す鏡である »

2011年1月20日 (木)

若いころは何故かラジオから悲しい曲が流れていた

    「若いという字は苦しい字に似てるわ。涙が出るのは若いというしるしね」アン真理子の「悲しみは駆け足でやって来る」(1969年)あの頃は学園紛争が終わって若者の間にシラケムードが漂っていた。藤圭子、日吉ミミも悲しい歌を歌っていた。カルメン・マキの「時には母のない子のように」も物悲しかった。兼田みえこ「私もあなたと泣いていい」、藤野ひろ子「鳩のいない村」、田中のり子「鳥になった少年」なんでラジオから悲しい歌ばかり聞こえてくる、どうして若者たちは悲しい曲をリクエストしたのだろうか。「♪悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせないもやもやを 誰かにつげようか」

« 義仲忌 | トップページ | CMは時代を映し出す鏡である »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 義仲忌 | トップページ | CMは時代を映し出す鏡である »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30