無料ブログはココログ

« 「大たこ」の業務妨害に思う | トップページ | イプセンはなぜノーベル賞を受賞しなかったのか? »

2010年12月14日 (火)

吉良邸討入り

    吉良邸内の斬り合いは終わったが、肝心の吉良義央の姿が見えない。そのうち炭小屋とおぼしき場所に人の気配がした。中から二、三人飛び出してきた。間十次郎が槍で突くと、武林唯七が、残る一人を斬り捨てた。引きずり出してみると白無垢の小袖をつけている。これこそ仇の吉良上野介義央である。大石内蔵助が調べると、確かに亡君の刀傷の傷あとがあった。間十次郎は内蔵助の指図でその首を打ち落とした。主君の刃傷以来、約半年を経てその仇敵・吉良義央を討ち、主君の鬱懐を晴らした浪士たちは感極まって落涙したといわれる。

時はきたれり大石が

四十七士を引き連れて

雪の夜道をひたひたと

めざすは本所松坂町

手筈通りの采配に

吉良の屋敷の表裏

門を掛矢で突き破り

雄叫び上げてなだれ込む

天の助けか雪明かり

忠義のあかし吉良の首

ものの見事に討ち取りて

男子の本懐遂げにけり

艱難辛苦浪々の

身は報われて男泣き

向かうは高輪泉岳寺

赤穂浪士の晴れ姿

ここに残して伝えける

« 「大たこ」の業務妨害に思う | トップページ | イプセンはなぜノーベル賞を受賞しなかったのか? »

忠臣蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「大たこ」の業務妨害に思う | トップページ | イプセンはなぜノーベル賞を受賞しなかったのか? »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31