無料ブログはココログ

« 東方朔は九千歳 | トップページ | 当世美術館事情 »

2010年12月18日 (土)

植田正治写真美術館

Img_0028

    男性誌「GQ」では今年最も輝いた男として、秋元康、香川照之、白鵬、孫正義、西沢立衛、野口聡一、本田圭佑、向井理の8人を選んだ。ほかには石川遼、イチローなど色々いるけど、女性ならやっぱりあの人。ましゃ様。NHK大河ドラマ「龍馬伝」で450億円の経済効果をもたらした男・福山雅治とはどんな人なのだろうか。いつまでも青年の面影を残すがすでに40歳をこえて、ますます格好よくなっていく龍馬・雅治に惚れ直した女性も多いのではないだろうか。シンガー・ソングライター、俳優、ラジオDJ、ギタリスト、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、そして写真家。個展も開きプロ級の腕。その福山が「人生の師」と仰ぎ敬愛する写真家が植田正治(1913-2000)である。植田は、国内はもちろんのことフランスをはじめとする諸外国で高い評価を受けている写真家だそうだ。鳥取県西伯郡境町(現境港市)で生れた。鳥取といえば砂丘である。植田の写真には、空や砂浜そして砂丘を背景として、被写体をまるでオブジェのように配置した演出手法の作品を多数残している。写真芸術のことは分からないが、植田正治写真美術館は大山の麓に位置するところに1995年に設立された(設計・高松伸)。

« 東方朔は九千歳 | トップページ | 当世美術館事情 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東方朔は九千歳 | トップページ | 当世美術館事情 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30