無料ブログはココログ

« 片岡源五右衛門高房 | トップページ | 正岡子規の母と妹 »

2010年12月10日 (金)

今和次郎の考現学

Img_0029

    今和次郎(1888-1973)は柳田国男、石黒忠篤のもとで農村民家の研究に従い、民家研究について民俗学的方法を確立。ついで現代風俗・世相を研究する考現学(モデルノロジオ)を提唱する。昭和3年の銀座のデパートにおける和服と洋服を調査したところ、女性の84%までは和服で、そのほとんどは外出着であった。男性の半数以上は洋服で、ほとんどはネクタイをし、胸にちらほらする時計の鎖は、彼らの重要な装飾であった。こんな風俗観察を、今は考現学と名づけた。

« 片岡源五右衛門高房 | トップページ | 正岡子規の母と妹 »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

以前、筑摩文庫で出ていたものを読みました。

彼の息子の今保太郎氏は、映画の美術監督で、大島渚の『天草四郎時貞』『悦楽』等をやっています。その他、東映系の映画をやられています。
大島によれば、大変上品な学者肌の方だったそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 片岡源五右衛門高房 | トップページ | 正岡子規の母と妹 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31