無料ブログはココログ

« 小野寺十内の妻 | トップページ | 今和次郎の考現学 »

2010年12月 9日 (木)

片岡源五右衛門高房

Photo

   片岡源五右衛門は尾張藩士熊井重次郎の子で、叔父の赤穂藩士片岡六左衛門の養子となり、片岡姓を名乗って浅野家に仕えた。元禄13年、主君浅野内匠頭に従って江戸に下向、翌年の殿中刃傷のときは江戸城大手下馬先で供待ちしていた。網打ち駕籠に乗せられて田村右京大夫邸(港区新橋3-3)に入った内匠頭は酒や煙草などの好みの物も与えられず、家来への連絡も許されないまま、庭前で切腹させられた。ただ検使・多門伝八郎のはからいで、切腹の庭にのぞむ内匠頭が書院を通るさい、はるか庭先から、片岡源五右衛門のみが拝領することができた。互いに無言のまま今生の別れをかわしたが、源五右衛門も断腸の思いで主君の最後を見送ったのである。

  風さそふ花よりもなほ我はまた

         春の名残をいかにとかせん

   内匠頭は哀切な辞世を残して三十五年の生涯を閉じた。

« 小野寺十内の妻 | トップページ | 今和次郎の考現学 »

忠臣蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小野寺十内の妻 | トップページ | 今和次郎の考現学 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31